プロペシア 効果なし

プロペシアはどんな人に効くの?

AGAは、薄毛の種類の1つで、額の生え際や頭頂部の毛髪が薄くなるところが
大きな特徴です。
原因は遺伝男性ホルモンだといわれており、若い人では
10代でも見られる薄毛の症状です。
ですから、プロペシアは、男性ホルモンからくる薄毛に高い効果を発揮します。
男性ホルモンであるテストステロンが還元酵素「2型5αリダクターゼ」の
働きにより、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。
このホルモンが毛乳頭細胞の受容体と結合することで、髪の成長を
抑えてしまうのです。
このしくみがAGAの原因であり、プロペシアには2型5αリダクターゼの働きを
抑制する効果があるというわけです。
つまり、プロペシアが効くのは、男性ホルモンの影響で
薄毛になるAGAの人
であり、遺伝による薄毛や他の原因による薄毛には効果は期待できないのです。

個人輸入はリスクが高い!

薄毛に悩む人の中には、クリニックに行くのが恥ずかしかったり、時間がないという人も多く、
市販のプロペシアを使用しているケースも少なくありません。
プロペシアを手に入れる方法は2つ。
病院で処方してもらうか、個人輸入代行業者を利用して海外から輸入するかのどちらかになります。
けれども、プロペシアはすべての薄毛に効果があるわけではありませんし、
自己判断でAGAだと思い込んでプロペシアを個人輸入することは大変危険なのです。
それは、個人輸入品の中には、成分が安定していないものや、偽物も出回っているといわれているからです。
しかも、病院での処方と異なり、副作用など、何らかのトラブルが出たとしても、すべて自己責任になるため、
非常にリスクが高いのです。

プロペシアはすべてのAGAに効果があるの?

プロペシアがあまりにも薄毛治療薬として有名であることから、どんな薄毛にも効果があると
思っている人も多いようですね。
けれども、プロペシアが効果を発揮するのは、AGA、つまり男性型脱毛症だけです。
しかも、AGAだとしても、効果が現れやすい人とそうではない人がいます。

理由は、はっきりとはわかっていませんが、明らかにAGAの進行が見られても
効果があまり見られない人がおり、2つのケースが考えられます。

 

まず1つめは、AGAの進行を長時間放置していた場合です。
プロペシアは長い間眠っていた休止期の毛根を刺激し、再活動させることで
発毛を促すのですが、この場合、毛包がきちんと存在していることが条件となります。
つまり、長い間AGAが放置され、毛包が退化している人は、効果が得にくいというわけです。

 

そして2つめは、ジヒドロテストステロン(DHT)に対する
感受性の違いです。
これは最近わかってきたことなのですが、DHTの感受性が高い人ほど、AGAを発症しやすく、
さらにこの感受性は遺伝による差異が大きいのです。
ですから、遺伝により感受性が低い人は、いくらプロペシアを服用しても効果は期待できません。

 

自分の薄毛をきちんと知ろう!

自分のAGAにプロペシアが効くかどうかを判断することはとても大切です。
DHTに対する感受性が低い人がいくらプロペシアを服用しても効果は得られないことがわかっているのですから、
まずは治療を始める前にきちんと判断する必要がありますね。
そしてこれは、アンドロゲンレセプター遺伝子検査によって調べることが可能です。
男性ホルモンは、毛根細胞の受容体によって受け取られるのですが、
作用するアンドロゲン受容体遺伝子の塩基配列を繰り返す領域が短い人は、AGAを発症しやすい傾向があります。
ですから、DNA塩基を調べることで、男性ホルモンに対する感受性がわかり、一人ひとりの治療方針を決める際の
有効な手かがりになるのです。

 

現在のところ、日本ではこの検査ができるクリニックは限られていますが、
有名店ならAGAスキンクリニックやルネッサンスクリニックになります。
遺伝的に薄毛がAGAであることの確定診断とフィナステリドの感受性の判定が可能です。

 

特にルネッサンスクリニックは、遺伝子解析検査を行っており、将来的にAGA発症のリスクがあるかどうかもわかります。
つまり、まだ薄毛の症状が見られない場合でも、将来薄毛の可能性があるかどうかも調べられるというわけです。
さらに血中のDHTの濃度を測定することができるので、より正確なデータが得られ、
一人ひとりに合った治療が行えるのでおすすめです。

 

遺伝子検査 Q&A

遺伝子検査にはどれくらい時間がかかりますか?

口内の粘膜を採取するだけなので、ほんの数分で終わります。
痛みなどの不快感は全くありません。

遺伝子検査は必ず受けなければいけないのですか?

検査は任意ですが、男性ホルモンが原因のAGAであるか、プロペシアに対する感受性が高いか低いかを調べることで
より適切な治療が受けられます。

料金はどれくらいかかりますか?

遺伝子検査は20,000円前後かかります。
血中のDHT検査も受ける場合は、プラス15,660円になります。(ルネッサンスクリニックの場合)

検査結果はすぐにわかりますか?

検査当日にはわかりません。
結果が出るまでに1ヵ月ほどかかります。